当院について

治療の理論

当院の針治療はシンプルな考えの基におこないます。

それは血流量の改善です。

凝り固まった筋肉は血液の循環がうまくいかなくなっています。

血液循環不良が起こると筋肉に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。

酸素不足、栄養不足をおこした筋肉はますます硬くなっていきます。

この悪循環を鍼をすることによって断ち切ります。

鍼を身体に刺すことにより軸索反射という反応がおこります。

軸索反射は血管を拡張させ血管透過性を亢進させます。

それにより筋肉に酸素や栄養を循環させ本来ある筋肉の機能を取り戻していきます。

 


治療の特徴

身体の深層にあるインナーマッスルへの刺針をおこないます。

浅層の筋肉と骨とに挟まれいる部分や骨へ付着している部分に血流循環不良がおきていることが多くそこまで鍼を到達させる必要があります。

症状の原因となっている筋肉はとても硬くなっています。いわゆるコリです。

そのコリに鍼を刺すとズシーンとした響きがでるのが特徴です。

これを『得気』といいます。

得気を感じることにより病巣部へ届いていると判断しています。

当院では硬くコリ固まった筋肉まで針を刺してズシーンと響かせるという施術をおこなっています。

 

タイトルとURLをコピーしました